オーベルジュ イマイ ~乗鞍 Diary~

aubeimai.exblog.jp
ブログトップ

日本一の宿場町 奈良井宿へ。

2012年11月23日(金) 天気:みぞれ~雨 気温:正午5.5℃

こんにちは。
今日は、先日、11月18日に行ってきました、長野県塩尻市奈良井にある「日本一の宿場町奈良井宿」の様子を載せます。
塩尻市は、松本市のお隣で、乗鞍高原から奈良井宿までは、車で1時間30分くらい。
わりと近い、観光地です。
d0226767_13213236.jpg

朝ドラ、「おひさま」でロケ地となり、陽子と育子、マチ子さんの飴屋さんでの撮影は、ここでやったんだぁっと思うと懐かしく感じました。
大勢の観光客の方々で賑わっている奈良井宿。建物と町の雰囲気が昔のまま残されていて、歩いていると当時にタイムスリップしたような気分になる街並みでした。田舎臭いところが、落ち着く良いところです。
お店は、蕎麦屋さんや、喫茶店、五平餅やおやきのお店、酒店などなど。
お土産には、何といっても木曾漆器、わっぱなどの曲物。どれも高価なものなので、お目当てを決めておくのが良いかもしれません…。
d0226767_12394496.jpg

d0226767_12402191.jpg

d0226767_12421923.jpg

d0226767_13225190.jpg

お洒落なお店や宿も、ところどころあって、玄関先を見ていて楽しかったです。
d0226767_12432234.jpg

d0226767_12435024.jpg

一キロにわたる町並みを歩き終えると、その先には、八幡宮と二百地蔵、杉並木がありました。
立派な杉の大木が、ここは古道なんだよっといっているようでした。
d0226767_13111167.jpg

この日は、プクジも一緒に行ってきたので、階段のところでパシャ。
d0226767_1315135.jpg

二百地蔵は、それぞれ顔が違ったのが印象的でした。
d0226767_1315358.jpg

道を戻って、奈良井宿のシンボル?「木曾の大橋」を渡ってみました。
この橋は、樹齢300年以上の木曾檜で造られていて、橋の裏側の木組みは、匠の技だなぁっと思いました。
d0226767_1319932.jpg

d0226767_13193275.jpg

d0226767_13195439.jpg

なんだかんだで、2時間くらいはここで時間を過ごしていました。
今回は、プクジと一緒だったので、のんびりとお店を見て回れませんでしたが、じっくり楽しむのもよさそうです。

(参考)
奈良井宿の紅葉は、10月下旬~11月上旬が見ごろ。
アクセスは、車で塩尻I.Cより国道19号を約30分。
乗鞍高原からは、R158号線を通り、途中、波田で25号線に入り、R19号にでるのが近いと思います。

重要伝統的建造物保存地区である奈良井宿。
松本地域に来たら是非、寄ってみたい観光地の一つです。
URLはコチラ
d0226767_13351845.jpg

[PR]
by auberge-imai | 2012-11-23 13:39 | 中山道 奈良井宿 | Comments(0)